天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

高齢化で複雑になる緊急手術に備えて実践していること

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 好きだったお酒をやめてから3年半がたちます。やめた理由はいくつかあるのですが、いちばん大きい理由は「緊急手術」に備えるためです。

 近年、高齢化が進むにつれて緊急手術の中身も複雑になってきています。経験が少ない若手医師に任せて患者さんを救命できたとしても、術後に合併症を起こして長期入院になったり、亡くなったりするようなことになれば、患者さんにとってよくありません。また、そうなれば病院にとってもマイナスです。入院を待っている患者さんのベッドをひとつ占有することになるからです。

 米国で発表された論文で、「合併症の患者が多い病院は経営状態が悪い」というデータが報告されています。これを受け、同国の病院のゼネラルマネジャーの中には、合併症が多い病気の患者は引き受けない姿勢を示すケースも出てきました。当時の米国保険事情は国民皆保険制度ではないため日本とは背景が異なりますが、いずれにせよ合併症を減らすことは、患者さんにとっても病院にとってもいちばんよいということがあらためて明らかになったのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事