天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

近年最も注意している2つの耐性菌「MRSA」と「VRE」

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 昨年12月から今年2月にかけて、福島県内の病院で抗生物質がほとんど効かない耐性菌(CRE=カルバペネム耐性腸内細菌科細菌)の集団感染が発生し、患者さん2人が死亡しました。

 医学の発展に伴って細菌を退治する抗生物質もどんどん進歩していますが、いまも病院では「感染症対策」は欠かせません。抗生物質を繰り返し使用していると、突然、細菌自体が変化して薬が効かないタイプの細菌=耐性菌が出現することがあります。その耐性菌に患者さんが感染すると、命取りになりかねない場合が多いのです。

 近年、われわれが最も注意している耐性菌は「MRSA」(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)と「VRE」(バンコマイシン耐性腸球菌)の2つです。

 MRSAは、人間や動物の皮膚などの体表面に常在するブドウ球菌が、ペニシリンが効かない耐性菌に抵抗するために開発されたメチシリン、マクロライドなどの抗生物質に耐性を持ったものです。通常は無害ですが、抵抗力が落ちている患者や高齢者が感染すると、産生される毒素によって、肺炎、敗血症、心内膜炎といった重症感染症を引き起こします。敗血症になると他の臓器を容易に傷害して死亡する可能性が高く、外科医にとっては最大の敵といえます。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事