天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

アレルギーを抱えている患者の手術は普段以上に注意が必要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 近年、何らかのアレルギー性疾患を抱えている患者さんが増えています。花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギーなどのアレルギーがある患者さんを手術する際は、通常の場合よりもさらに細心の注意が必要になります。実際、手術中にアレルギー反応が起こってしまって大慌てするケースもあるのです。

 アレルギーは、体内にウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに排除しようとする免疫反応が過剰になることで、体にとってマイナスになる症状を引き起こす状態です。反応に関わる抗体や出現にかかる時間などによって4つのタイプに分類されます。

 Ⅰ型は「即時型」とも言われ、アレルギーを起こす原因物質=アレルゲンが体内に入ってから短時間で症状が表れるタイプです。花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などがこのタイプで、食物アレルギーの多くが該当します。中でも、発症してから非常に短時間で全身症状が出るアナフィラキシーは、ショック状態に陥って血圧の低下や意識障害などを引き起こし、命に関わるケースもあります。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事