ニューヨークからお届けします。

仕事中にも昼寝可能なスポット ニューヨークに続々登場

ぽかぽか陽気についウトウト…(C)日刊ゲンダイ

 陽気が良くなり、午後は眠くて仕事にならないなんていう人もいるのでは? 以前、「職場での昼寝が効果的」という記事を紹介しました。「ネイチャー・ニューロサイエンス」誌によれば、30分の昼寝をした人は効率の低下が止まり、60分の昼寝の後はもっと明らかな効果が表れました。しかし、実際に仕事中に堂々と昼寝をするのは現実的には難しい……。

 それに対し、ニューヨーカーの動きは早かった。ニューヨークに続々と昼寝スポットが誕生しているのです。

 まず大きな話題を集めたのが、2月にオープンした「NapYork」です。「Nap」は昼寝という意味。オフィス街の中心地にあるウエルネスセンターでは、1時間10ドル(約1100円)で昼寝ができます。日本のカプセルホテルのようなスタイルで、体がすっぽり入るスペースで眠ります。昼寝中に靴を磨いてくれるサービスもあります。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事