ニューヨークからお届けします。

シリコンバレーが開発 肉汁たっぷり“疑似肉”のお味は?

オーガニック・スーパーの最大手ホールフーズ(C)AP

 アメリカ人の4割が切り替えている「プラント・ベースト・フード(植物性食品)」。デーリーフリー・ミルク(乳製品を含まないミルク)と並ぶもうひとつのトレンドは「肉」です。そしてその発信源は食品業界ではなく、シリコンバレーです。

 オーガニック・スーパーの最大手、ホールフーズ・ブルックリン店にあるハンバーガースタンド「スペリオリティー・バーガー」のバーガーミートは、すべて肉を使っていません。

 そのひとつ「ビヨンド・ミート(肉を超える肉)」は、豆をベースに作られた疑似肉。焼くとビーツを使った赤い肉汁が出てくるという念の入れようで、人気を博しています。開発したシリコンバレーのベンチャー企業は、ハイテク技術を使ってビーフの味や食感を分析し、それをすべて植物性の原料で再現したとのこと。

 ライバル「インポッシブル・バーガー」も負けていません。同じく植物が原料ですが、肉独特の風味がある物質「ヘム」を混ぜ込んでおり、肉そのものの味や食感です。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事