ニューヨークからお届けします。

先祖の人種を自宅で簡単チェックできるキットが米で大人気

写真はイメージ(C)PIXTA

 家庭で自分のDNAを採取すると、先祖の人種がわかるというホーム・テスト・キットが大ブレークしています。

 特に昨年は人気急上昇で、1年間にテストを受けた人の数がそれ以前の年の合計の2倍に。

 これまで実に1200万人、アメリカの大人の25人に1人がDNAによる自分の人種構成を知っていることになります。

 やり方はとても簡単で、綿棒で口の中をこすってそれを送るだけ。結果は2週間ほどで送られてきます。気になるお値段ですが、最大手の「Ancestry.com」(アンセストリー・ドットコム)は1万1000円、病気リスクもチェックしてくれる「23&ME」(トウェンティスリー&ミー)が2万2000円とお手頃です。

 会員になれば豊富なデータベースにアクセスし、先祖や同族を探せるサービスもあります。昨年のクリスマスの人気ギフトとしても注目を集めました。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事