人生100年時代の保険術

長生きすればリスクが増える 「終身医療保険」は無意味だ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 皆さんは終身型の医療保険やがん保険に入っていますか。自分の寿命はせいぜいあと10年と思っている人は、そのまま入り続けていてください。しかしもっと長生きしそうな人は、即刻解約するべきです。

 健康保険の先行きが危ぶまれる時代だからでしょうか、民間の医療保険やがん保険に加入する人が増えています。一生保障の「終身型」と、保障期間を区切った「定期型」に分かれますが、圧倒的に終身型に人気が集まっています。

 中でも「何歳までに払い込み満了」という商品が売れ筋です。なにしろ「人生100年」なのですから、毎月払い続けるのは将来的に不安です。それよりは60歳とか70歳で、スッキリと払い終わるほうが安心でしょう。

 しかし少し冷静に考えれば、終身型保険の危うさにすぐに気づくはずです。仮にあなたが50歳としましょう。あなたはほぼ50%の確率で、93歳前後まで生き延びます。つまりあと43年間です。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事