天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

東大病院のマイトラクリップによる死亡事故で考えられること

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 昨年末に心臓手術での死亡事故が発覚した京大付属病院に続き、今度は東大病院で死亡事故が起こったことが明らかになりました。

 昨年9月、拡張型心筋症と僧帽弁閉鎖不全症を患っていた41歳(当時)の男性患者に対して行われた「マイトラクリップ」と呼ばれる最先端のカテーテル治療が術中に中止され、男性患者は術後の10月に亡くなりました。東大病院は日本医療安全調査機構に報告して審査を受け、東京都は立ち入り検査を行って安全が確認できるまでマイトラクリップによる手術を中止するよう指導しています。

 拡張型心筋症は心臓が通常より肥大化して血液を心臓からうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を起こして突然死を招くこともある疾患です。僧帽弁閉鎖不全症は心臓の中にある僧帽弁がうまく閉じなくなって血液が逆流してしまうもので、拡張型心筋症が進んだ患者さんに起こりやすい疾患です。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事