愉快な“病人”たち

求婚の夜に告知が…はんにゃ川島章良さんが腎臓がんを語る

川島章良さん(C)日刊ゲンダイ

「腎臓がんの疑いがある」と告げられたのが2014年の10月、32歳の時。とにかく、タイミングが悪すぎましたね。

 半同棲中の彼女の妊娠が分かり、サプライズでプロポーズしようと1泊2日の温泉旅行に行った時だったんですよ。一緒に温泉に入ったふりをして、彼女が女湯に入ったのを見届けた後に1人でこっそりクルマに戻り、彼女へのプレゼントを宿泊する和室に持ってきてテレビの下の小さな襖の中に隠し、彼女がお風呂から戻ってきたタイミングでプレゼントして、驚かせようと計画していました。

 計画通りプレゼントを隠し、シャンパンを冷やして準備万端……という時、携帯電話が鳴りました。病院の先生からでした。結婚を決意したのを機に、彼女と知り合いのお医者さんに勧められ、人生で初めて人間ドックを受けました。で、CTの再検査の結果待ちだったんですけど、「ご両親とマネジャーさんと一緒に来てください」と言われたんです。ただごとじゃないなと思い、「今教えてください」とお願いすると、「腎臓がん」と……。

1 / 6 ページ

関連記事