がんと向き合い生きていく

「私は治します」スキルス胃がんと闘う妻は毅然と答えた

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 Rさん(55歳=女性)は福祉関係の会社で部長を務めています。夫は同じ会社の課長で子供はおらず、1匹の猫と“3人暮らし”です。とても頑張り屋で会社が困難な時でも前向きで、上司からも部下からも慕われています。

 そんなRさんがお正月過ぎに時々、上腹部痛に見舞われました。最初は「食べ過ぎかな?」と思っていたそうですが、2月に入っても胃の不調は解消せず、3月初めにある大学病院の消化器内科を受診しました。ただ、採血や腹部超音波検査などでは異常なく、5日後に受けた胃内視鏡検査でも「粘膜が少し赤くただれているところはあるが、問題はない」との診断でした。

 3月末になって、Rさんは会社での長年の努力が報われ、4月から副社長への昇格が決まりました。夫や同僚はとても喜んでくれて、4月にはお祝い会が2回行われたのですが、その2回とも帰宅途中に嘔吐し、次第に食べる量が減って体重も落ちてきました。

1 / 5 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事