進化する糖尿病治療法

飲めば痩せられる糖尿病の治療薬は誰でも服用できるのか?

東京慈恵医科大学の坂本昌也准教授(C)日刊ゲンダイ

 ほかにも「痩せ薬」につながるのではないか、という研究結果が発表されています。たとえば、東京大学大学院医学系研究科の宮崎徹教授らは、「AIM」というタンパク質が「痩せ」に関係していることをマウスの実験で突き止めました。AIMが脂肪の蓄積を抑制し、また、脂肪細胞に蓄えた中性脂肪の塊を“消す”作用があるというのです。

 AIMは脳には作用しないため、「脳に作用して拒食症を招く」という心配がないのも利点。さらには、AIMを特定の部位に注射すると、“部分痩せ”も可能だと考えられています。「簡単に痩せられる」時代が今後やってくるかもしれませんね。ただし、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレスが少ない生活といった“痩せるための必須条件”は、「痩せる」以外のメリットもたくさんある。新たな痩せ薬が登場しても、「好きなもの食べてよし、運動しなくてもよし」とはなりません。

4 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事