がんと向き合い生きていく

80歳の男性患者は孫からの“宿題”で生きる元気を取り戻した

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 Pさんはニコニコ顔です。

「こんな話できるのは先生だけだ。睡眠剤、出すの忘れないでね。あれがないと眠れない時に困るから。来月、また孫が来る時まで宿題の答えを考えておかなくちゃならなくなって大変です。図書館通いしてますよ。先生、診察を待ってる人がいっぱいだよ。次の2カ月後は1月だね! また来るから、先生も元気でいてね。ありがとね!」

 上機嫌なPさんを見て、お孫さんから生きる元気をもらったのだと私は確信しました。次回の診察では、宿題にどう答えたのかをぜひ聞いてみたいと思いました。

■本コラム書籍「がんと向き合い生きていく」(セブン&アイ出版)好評発売中

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事