愉快な“病人”たち

加瀬部駿介さん手術4回…世界にわずか70症例の病気と闘う

加瀬部駿介さん(C)日刊ゲンダイ
加瀬部駿介さん(芸人 フレンチぶる・32歳)=ラープス

 医師が数人がかりで僕を押さえ付け、麻酔なしで右太ももの傷口から力ずくで血を絞り出したんです。ブルーベリージャムみたいな血がブロロ……ブロロ……と出てくるし、「頑張って、頑張って」って言われたけど、あのときは痛くてしょうがなかったです。

「ラープス」は血液の中の凝固因子が減少する一方で、血管内では血が固まりやすくなってしまう病気です。直接命に関わる病気ではないけれど、世界に70症例しかないそうです。

 最初に「血小板が少ない」と言われたのは、高校生のときです。血小板は血を固める役目をする血液成分です。学校の健康診断で引っかかり、再検査をしたけれど、「治療するほどじゃない」ということで薬も何もなく「少し気を付けて」と言われただけでした。

 第1の異変が起こったのは、いまの仕事をし始めた24歳のときでした。

 夜、酔っぱらって転んだ翌朝、右の太ももに痛みが走りました。転んだせいだと思っていましたが、パンパンにむくんできたので病院に行くと、「血がたまっている」とのことで、右太ももの脇を筋肉に沿って切って血を出す手術をしたのです。そのとき告げられたのは「コンパートメント症候群」という外的要因で筋膜内に血がたまる別の病気でした。

1 / 5 ページ

関連記事