愉快な“病人”たち

1日でも長くリングに…格闘家のノブハヤシさん白血病を語る

ノブハヤシさん(C)日刊ゲンダイ
ノブ ハヤシさん(格闘家・42歳)=急性骨髄性白血病

 一度は良くなったのに再発して骨髄移植しているので、闘病は通算6年に及びました。しんどいときは何度もありましたが、「引退は復帰してから」にしたかったんです。おかげさまで、寛解した今も現役でリングに立っているんですけれど、当時の心境として「病気になってズルズル引退」っていうのは絶対にイヤでした。

 体調の異変は2008年の終わり頃でした。年明けにK―1の試合を控えていたのでトレーニングを続けていたものの、風邪っぽい症状が続いて調子が上がらずにいました。日を追うごとに症状がきつくなって、トレーニング中に眠気をガマンできずにソファで横になってしまうこともありました。当時、周囲からは「またサボってる。夜遊びしてるんちゃうか?」と思われていたようです。

 最終的には、自宅までの坂道を息切れして上れなくなりました。あとから思えば、それは極度の貧血症状だったのですが、風邪だと思っていたボクは近所の耳鼻科を受診したのです。処方された風邪薬で治るはずもなく、そのうち喉がプク~ッと腫れて2度目の受診。試合も近いし、さすがに心配になって先生に「血液検査をしたい」と訴え、大学病院を紹介してもらいました。

1 / 6 ページ

関連記事