家計簿を見れば病気がわかる

独身男性は妻帯者より飲酒代が5倍、たばこ代は3倍多い

(C)日刊ゲンダイ

 50代、60代の単身者の死亡率は、結婚している人の2倍から3倍以上です。その家計調査の数字から、外食費が突出して多いという特徴が見てとれます。しかし単に外食が多いというだけなら、意識的に栄養のバランスよく食べることによって、病気を防ぐことも可能でしょう。問題は、外食費の中身です。

 実は一番多いのが飲酒代。男女・全年齢の平均で、年間約4万6000円となっています。2人以上の世帯の飲酒代は約1万7000円(全国平均)ですから、独身者は妻帯者と比べて3倍近くも飲み代に使っていることになります。

 さらに男女別・年代別に見ると、〈表〉のようになります。働き盛り(35~59歳)の独身男性は、9万円近くを飲み屋に支払っています。毎月に直せば約7300円なので、大した金額ではないかもしれません。しかし、これはあくまでも全国平均の数字。まったく下戸の人もいる半面、毎月数万円を費やしている人も少なくないに違いありません。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。