医療数字のカラクリ

厳しい抗がん剤治療 途中でやめた「脱落者」をどう扱うか

 つまりニボルマブ群は10%弱の人が、ドセタキセル群では30%以上の人が“予定通りの治療を受けていない状況”で効果が調べられているのです。そのため、ドセタキセルで治療ができた人に限って分析すれば、ニボルマブとの差はもう少し小さいのかもしれません。

 しかし、治療を最後まで受けられた人たちだけで比べるよりは、最初に治療を始めた人すべてで比較した方が、臨床現場でのリアルな効果を見ることができます。このすべての人を含めて分析する方法を「治療意図に基づく解析」と呼び、臨床試験の分析はまずこの方法で行われるのが標準です。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。