天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

拡張型心筋症は治療を始めるタイミングが重要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 しかし、拡張型心筋症だけは1度目の心不全を起こしたタイミングあたりでしっかり病状を評価し、弁形成術や心臓再同期療法といった治療を行うのが、患者さんにとっていちばん効果が大きいのではないかと考えています。正確な大規模データは出ていませんが、経験からそうした印象を持っています。危機的な状況に陥りながら、そこから劇的によくなった患者さんもいました。

 もっとも、だからといってこれらの治療はもちろん決定的なものではありません。拡張型心筋症は難病ですから、手術も何もまったく手出しができず病状が悪化していく人も珍しくありません。手術ができても一時的に回復しただけで、結局、また悪化していく場合もありますし、手術した後に自宅で突然死してしまう患者さんもいます。

 次回、ほかの治療法も含めて拡張型心筋症のお話を続けます。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事