全国の医師が処方した薬 ベスト10

【降圧薬】市場は5500億円 ジェネリックのシェアは1.6%

ジェネリック薬の売り上げは370億円(C)日刊ゲンダイ

 処方量と単価が分かっているので、各降圧剤の年間売上高を簡単に計算することができます。全部足し合わせれば、降圧剤の市場規模も分かります。結果は<表>のようになりました。

 NDBオープンデータには処方量の上位100品目までが掲載されています。それらの合計金額は、なんと5492億円。100位(ロプレソール錠20ミリグラム、サンファーマ)でも4100万円ほど売り上げています。101位以下がどのくらいになるかは分かりませんが、市場規模は大ざっぱに5500億円と言っていいでしょう。

 医薬品は先発薬と後発薬(ジェネリック)に分けられます。先発薬とは、各社の特許に守られているクスリ、ジェネリックは特許切れの有効成分を使ったクスリ。当然、ジェネリックの薬価は低めに抑えられています。

 増え続ける医療費を少しでも抑制しようと、政府はジェネリックの使用を躍起になって推奨しています。今年6月の閣議決定では、「2020年9月までに、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、さらなる使用促進を検討する」と定められました。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事