愉快な“病人”たち

49歳で手術 川原みなみさん「腰椎すべり症」で体内にボルト4本

担当医師に背中を押され手術を決断(C)日刊ゲンダイ

 もともと腰痛持ちではあったのですが、まさか手術をしなければならないほどひどくなるとは、思っていませんでした。「腰椎すべり症」は、背骨の一部がズレて、背骨のすぐそばを通っている神経を圧迫してしまう病気です。医師には「70代以上の高齢者に多いんです。川原さんはまだ49歳ですよね」と大変珍しがられました。

■散歩の最中、お尻に痛みを感じるように……

 異変は3年ほど前でしょうか。東京から母のいる京都へ移り住み、フリーアナウンサーの仕事を減らして母の経営する和小物店を手伝う生活になりました。

 東京への未練や京都での暮らしに慣れるまでのストレスはありましたが、生活は穏やかで、母と散歩するのが唯一の運動でした。そんな暮らしを始めて半年ぐらい経った頃、散歩の最中にお尻に痛みを感じるようになったのです。筋肉痛のような痛みに「散歩しかしてないのに……」と思ったのを覚えています(笑い)。

1 / 5 ページ

関連記事