愉快な“病人”たち

40代で難病に さかもと未明さんを救った名ホテルでの半年

「小さい頃から運動会や遠足が苦痛だった」とさかもと未明さん(C)日刊ゲンダイ

 離婚して一人暮らしを始めてみると、とても体調が良くなりました。夜中に仕事をして昼まで寝ていられる環境が体質に合っていたんですね。それでも時々、体調を崩して病院に行くと、「甲状腺が腫れている」とか「子宮筋腫が複数ある」と言われたりしていたんです。ただ、痛みが引くと病院に行かなくなり、仕事に没頭しました。「“漫画家になる”と親にタンカを切って出てきたんだから、漫画を描きながら死ねるなら本望だ」くらいの心持ちでした。

■ステロイド投与を受けて衝撃を受けた

 そして06年の年末、41歳の時に指がひどく腫れ始め、ある時、全身の関節がひどく痛んで、ペンも持てなくなり、皮膚科に行きました。すると「膠原病の疑いがあるからすぐに東大病院へ行きなさい」と言われたのです。検査の結果、全身性エリテマトーデスなどの診断が下りました。

 当時テレビに出ていたので、顔が腫れるのが怖くてステロイドを拒否していましたが、手足の筋膜が拘縮して歩けなくなった時、諦めてステロイド投与を受けました。これが凄く衝撃でした。物心ついた頃からずっと感じていた全身の疲労感や痛みがウソのように軽くなったからです。「普通の人は生きるのがこんなに楽なんだ」と思いました(笑い)。

2 / 4 ページ

関連記事