愉快な“病人”たち

脳が視力調整 田中公平さん「白内障」手術後のメガネ問題

作曲家の田中公平さん(C)日刊ゲンダイ

「白内障」は、手術よりもその前後のメガネ作りのほうが大変でした。これから白内障手術をする方は、術後1~2カ月してからメガネを作ったほうがいいですよ。私はすぐに作って失敗しました(笑い)。

 手術をしたのは2013年の初夏です。その10年ぐらい前から視力が落ちている感じはありました。年齢でいえば40代後半から50代後半にかけての頃、パソコンを使っているとなんとなく膜が張った感じになっていくんですよ。

 そもそも近視だったところに老眼も加わっていた時期で、近視用と遠視用のメガネをいちいち掛け替えていました。遠近両用っていうのはなんだか気持ち悪くて(笑い)。そのうち、近視のメガネをしていても近くがぼやけることが多くなったんです。パソコンの文字も大きくしないといけないようになって、「これはいかんな」と思ったのが50代半ばです。

 街の眼科を受診すると、「緑内障と、右目には白内障がある」と言われました。緑内障に対しては、それ以来、眼圧を下げる点眼薬をさすようになり、おかげさまで悪くならずにとどまっています。ただ、白内障には薬がないので経過観察でした。そして59歳になったとき、眼科医から「そろそろどうですか?」と手術を勧められたわけです。

1 / 5 ページ

関連記事