愉快な“病人”たち

ラーメン完食は手術5カ月後 藤原組長が胃がんとの闘い語る

藤原喜明さん(C)日刊ゲンダイ

「残念な結果が出ました」

 藤原喜明さん(69)は電話でそう告げられた。3日前に胃カメラ検査を受けた病院からで「胃がんが見つかった」とのことだった。

 4センチ大、ステージ3a期で、5年生存率は当時41.8%ぐらいだったかな。そりゃショックだった。

 だけど割とすぐに立ち直った。考えてみりゃ死ぬっていっても誰でも一度は死ぬわけだから、それが30年後か明日かの違いしかない。「どうせ死ぬならカッコよく死んでやる」と思ったね。

 検査を受けたきっかけは、ひょんなことで知り合った人の快気祝いで食事したとき、彼のお母さんに「あなた、お箸の使い方が下手ね。お母さんに教わらなかったの?」と言われたことだった。

 当時、右肘を壊して指先もうまく動かせなかったから、ちょっとカチンときてケガの状態を話したんだ。すると「いい病院があるから紹介してあげる」と言われてね。肘も限界だったから、ちょっと遠かったけど行って手術を受けた。

1 / 5 ページ

関連記事