天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

覚醒下心臓手術は特殊な状況でなければメリットは少ない

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 また、全身麻酔を局所麻酔にすることで患者の負担が大きく減るということもありません。局所麻酔の方が術後の回復が早いといわれていますが、人工心肺を使って心臓を一時的に止めるわけですから、負担はそれほど変わらないといえます。今回のように、アレルギーがあって全身麻酔ができないというかなり特殊な状況における選択肢のひとつにはなるかもしれません。しかし、そうそう遭遇するケースではないですし、リスクや手術の完成度を考えると、麻酔自体が致死的になる状況を除けば、わざわざ覚醒下で手術を行うメリットは少ないのです。

 そもそも、僧帽弁閉鎖不全症の手術は一般的に緊急を要する場合は多くありません。本当にいますぐ手術をしなければ死亡してしまうような緊急手術で、今回と同じような処置ができれば素晴らしいと思います。しかし、そこまでして僧帽弁閉鎖不全症の手術を慌ててする必要があるのかという意見があるのも事実です。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事