愉快な“病人”たち

皮膚筋炎で難病認定 山田雨月さんが語る“正直な気持ち”

山田雨月さん(C)日刊ゲンダイ

 退院のめどが立った頃、役所の人が病院に来て、退院後に必要な補助用具や介護サービスなどを説明してくれました。難病認定の手続きから何から、すべては母任せ。家族の愛を感じずにはいられませんでした。

 退院直後は15分歩くのがやっとで、母の他にも訪問看護師さんや介護ヘルパーさんのお世話になりました。その後は徐々に回復し、3カ月後には母も広島に帰宅。一人で何とか暮らせるようになりました。

■退院から1年足らずで2泊5日の台湾一人旅へ

 そして何と、退院から1年を待たずに2泊5日の台湾一人旅へ出かけました! もともと自由なバックパッカーのような旅が好きなのです。病気になって一度はバックパックを捨てたのですが、ある日「台湾片道900円」というネット広告を見つけてしまって……。

 それ以来、格安チケットを見つけては一人であちこち行っています。最近は東チベットを訪れました。見たい景色のために、普通の人が1時間で行く場所へ2時間かけて行く。そうやって元気になってきた感じです。

4 / 5 ページ

関連記事