ニューヨークからお届けします。

塗るだけでOKの男性用避妊薬 ついに臨床実験スタート

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 これだけ医療が進化しても、男性の避妊といえば古き良きコンドームかパイプカットのみ。一方、女性用も50年以上変わらない避妊ピルが主流で、人によっては吐き気や頭痛、体重増加から性欲減退まで副作用も多く、「女性ばかりがこうしたリスクを負うのは不公平」という声がずっと前から上がっていました。

 しかし2019年、ついに効果的な男性用の避妊アイテムの登場に一歩近づくかもしれません。

 アメリカ国立衛生研究所では昨年11月、男性向けの画期的な避妊薬の臨床実験に参加を希望する400組の男女カップル募集を開始しました。「NES/T」と呼ばれるこのジェルは、プロゲスチン化合物を含むセジェステロン酢酸(商品名ネストロン)と、男性ホルモンのテストステロンからなり、これを1日1回男性の肩や背中に塗ることで体内に吸収され、プロゲスチンが精巣内のテストステロンの製造を妨げて、精子の数を限りなくゼロに近づけるというもの。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事