後悔しない認知症

怒りっぽくなるのは「性格の先鋭化」という老化現象です

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 親自身が自分で記録をつけられるのであれば、認知症になる前に習慣化させておくことだ。入ってきた情報を書き留め、何度も読み返すことは事実誤認や妄想を防ぐためには有効なのだ。子どもは記録した事柄を定期的に親に確認してみるのもいい。

 こうした「入力⇔出力」という行為が、記憶違いを防ぐだけでなく、脳の老化を遅らせる。その結果、性格の先鋭化によるトラブルが生じにくくなるのである。

3 / 3 ページ

和田秀樹

1960年大阪生まれ。精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。医師、評論家としてのテレビ出演、著作も多い。最新刊「先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 」(祥伝社)が大きな話題となっている。

関連記事