愉快な“病人”たち

「闇から現実に帰ってきた」宮本亜門さんが語る前立腺がん

宮本亜門さん(C)日刊ゲンダイ

 たまたま中国での仕事がキャンセルになって、スケジュールがまるまる空いたその数カ月の間に前立腺がんの発見、手術、退院までがすっぽりきれいにハマったんです。退院した翌日にはもう海外に行きましたからね。結果的に仕事には一切穴をあけなかったので、まさに天の配剤かのような出来事でした。

 中国の仕事のキャンセルが決まったとき、オファーをいただいたのがTBSの「名医のTHE太鼓判!」でした。番組で用意してくれた人間ドックに行ったのが2月で、「影が見えたので精密検査をしたほうがいい」ということになり、紹介されたのがNTT東日本関東病院でした。

 血液検査でPSA(前立腺がんになると血中に大量に流れる前立腺特異抗原)の値が高いことがわかり、針を刺して組織を取る針生検などいろいろな検査をしたところ、「これはがんです」と言われました。がんの進行度は、初めは転移もなく4段階で下から2番目のレベル2でした。でも、さらなる検査をした後はレベル3に上がり、「もう転移寸前」で早く手術をしなければいけない状況になりました。

1 / 5 ページ

関連記事