愉快な“病人”たち

糖尿病で右足切断の谷津嘉章さん「長州力の一言で発奮」

谷津嘉章さん(C)日刊ゲンダイ

「糖尿病」が原因で右足が壊死してしまい、6月25日に膝下7センチのところで切断しました。7月16日にリハビリ専門病院に転院し、毎日午前と午後の2回、1回40分ずつ、理学療法士についてリハビリをしています。ストレッチや筋トレ、義足で歩く練習をし、もう外を歩いていますが、病院の中とは違い、思わぬところに段差があったりするので気をつけています。退院は10月中旬かな。

 糖尿病は35歳の時、血液検査で「2型予備群」と言われました。母方が糖尿病の家系で、母方の叔父や兄も糖尿病なんです。叔父はそれで両目を失明しているから、糖尿病は怖いという自覚はありました。

 でも、まだ若いから大丈夫だろうって高をくくって薬を真面目に飲んでいなかったんですよね。しかも35~36歳というのは、プロレスラーとしてはまだまだ体をつくらなくちゃいけない時期。1万人以上のギャラリーの熱気に負けないパワーをつけなきゃいけないから、ガンガン食べて筋肉をつけ、友人や知人と、そして地方へ行けばスポンサーとも飲む。飲まないと相手にされなくなりますから。まあ、お酒は嫌いじゃないし、サービス精神旺盛でもあるから、ついついたくさん飲んじゃうんだね(笑い)。

1 / 6 ページ

関連記事