愉快な“病人”たち

伊奈かっぺいさんは脳梗塞で「病気ネタがたくさんできた」

伊奈かっぺいさん(C)日刊ゲンダイ

 私は「芋洗い」って覚えたんですけど、MRIっていうんですか? あれは異常なしでした。でも人さし指を立てて腕を真っすぐ前に伸ばして、次に鼻の先を触るテストで「テンポよく交互に前、鼻、前、鼻と繰り返してください」と言われたとき、右手は難なくできたのに、左手だとおでこやほっぺたに行ってしまい、鼻先を触れなかったんです。

 それを見て、医者はすぐに「脳梗塞です」と言いました。驚いている間に「即入院」と言われまして、とっさに「足だけですか?」と聞いたら、先生が「え?」って顔したので、「足入院じゃ?」と言ったら、先生が「全身です」とおっしゃいました(笑い)。

 あれはもう16年も前の話です。横浜と東京でコンサトーク(おしゃべりライブ)をして、少し酒を飲んで寝た翌朝、ホテルで目覚めるなり、なんとなく酒が残ってるような感じがして、ベッドから起きるのが嫌だったんです。靴下をはくのもおっくうだったんですけど、その日の夕方には青森でテレビの生放送があったので、とりあえず朝食も取らずに羽田から青森に帰りました。

1 / 5 ページ

関連記事