上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

自分にとっての新たな挑戦「ミックス」に取り組んでいる

順天堂大学医学部付属順天堂医院心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 冠動脈が本来の場所とは違うところから出ている「冠動脈起始異常」では、血管を正しい位置に付け替える手術が将来的に最も問題が起こりにくい方法です。難易度が高い手術なのですが、私がいちばんやりがいを感じているということを前回お話ししました。

 この手術の対象となる患者さんは少ないので、実際に行う機会は多くありません。ただ、ほかの頻度の高い手術、冠動脈バイパス手術や心臓弁膜症に対する弁置換術などは、いまも毎日のように執刀しています。

 今年からは自分にとって新たな手術も始めました。「MICS(ミックス)」と呼ばれる小切開手術で、従来の開胸手術のように胸骨を大きく切らず、内視鏡を使って処置する方法です。患者さんにとっては、小さな傷で体の負担が少なく、短期間で退院できるというメリットがあります。

 ミックスが登場してから数年たっていますが、当初は疑問点もあったので個人としては取り組んできませんでした。弁膜症手術で右胸の下を小さく切開した範囲の中で手術を行うため視野が狭くなり、手技も制限を受けます。従来の開胸手術の経験をそれほど積んでいない外科医が行うケースもあって、手術時間が余計にかかったり、むしろ心臓に大きなダメージを与えてしまうリスクもありました。「低侵襲」という側面だけがクローズアップされ、トータルで考えると患者さんにはマイナスになる可能性があったのです。しかし、多くの症例やデータが蓄積されてきて、従来の手術より患者さんの負担が少なく、治療効果も遜色がないといった正当性が裏付けられてきました。ミックスを希望する患者さんも増えてきていて、「患者さんにはっきりプラスになる」と判断できたため実施しようと決めたのです。

1 / 3 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事