明細書が語る日本の医療

すい臓がん手術 根治手術は関東だがQOLアップ手術は関西

関西はがんとの共存(C)日刊ゲンダイ

 各病院の手術件数はDPC公開データに載っています。膵臓がんは「膵臓・脾臓の腫瘍」という項目で、脾臓と一緒の扱いになっています。しかし、脾臓にがんができることは、ほとんどありません。なぜか心臓と脾臓は、がんにかからないのです。したがって手術件数は、すべて膵臓がんと考えて構いません。

 DPCデータには、膵臓がんの根治を目指した切除術と「その他の手術」の件数が載っています。〈表〉にそれぞれの手術件数が多い病院をまとめました。

 膵臓がん手術で怖いのが合併症です。膵臓はインスリンだけでなく消化酵素も生産しています。それが術後10~20%の確率で、切り口から漏れてしまうことがあります。消化酵素が周囲の組織を「消化」してしまうのです。最悪の場合、漏れをふさぐための再手術が必要になります。また、患者のQOLを改善する目的で、さまざまな手術が行われています。それらが「その他の手術」にまとめられています。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。