明細書が語る日本の医療

胆のう・胆管がん手術 40代以下が「件数ゼロ」の理由

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 胆のう・胆管がんの性別年齢別手術件数(2014年度)と新規患者数(2012年度)を<表>にまとめました。男女とも40代以下の患者が150人前後います。最も若い患者は、女性で20代前半に1人、男性では30代前半に1人となっています。しかし、50歳より前にこのがんにかかるリスクはかなり低いといえます。50代以降で患者は急増し、男女とも80代以降でピークに達します。特に女性では、新規患者の実に56%が、80代以上の高齢者で占められています。「肺」「胃」「大腸」などのメジャーながんと比べると、かなり発病年齢が遅いがんといえますし、加齢こそがこのがんの最大の原因ともいえるのです。

 根治の可能性のある治療法は、今のところ手術だけです。しかし、その件数は限られています。40代以下では、男女ともゼロ。胆のう・胆管がんは自覚症状が少ないため、発見された時にはすでに他の臓器に転移しているなど、手術できないケースが多いことで恐れられています。特に若年層は、がんの進行が速いことなどもあって、手遅れになるケースばかりなのでしょう。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。