がんと向き合い生きていく

セカンドオピニオンで「担当医が酷い」と訴える患者も

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 Bさんほどではなくても、医師との関係がうまくいかないで困っている場合は、まず、病院のがん相談支援センター(相談室)で相談してみることです。医師の言動にも問題はありますが、中には患者さんの一方的な思い込みということもありえます。患者さんから「担当医を替えて欲しい」と言われることもありますが、これは病院のスタッフなどの事情によって、可能な場合も不可能な場合もあります。

 また、がん拠点病院のがん相談支援センターでは、患者会や「患者サロン」を教えてくれることがあります。そうしたところに参加して、患者さん同士で意見を交換してみるのも方法です。場合によっては、実際の医師の評判を聞けるかも知れません。

 患者と医師の「相性」とは、理屈では解決しない、人によってはなかなか難しい問題です。受診されている病院では言い出しづらい時は、他院でのセカンドオピニオンもひとつの方法です。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事