愉快な“病人”たち

大橋未歩アナ振り返る 脳梗塞が起こったあの夜の一部始終

首の右側に入っているステントは「もう体の一部、人生のお守りです」(C)日刊ゲンダイ

 手術はおよそ90分。喉にメスを入れたわけではないので痛みは少なく、数日で回復しました。唯一、つらかったのは術後36時間の絶食でした(笑い)。今、首の右側にはステントが入っています。もう体の一部、人生のお守りです。ほぼ完治と言われ、血液サラサラの薬も飲んでいません。

 脳梗塞では「FAST」(フェース、アーム、スピーチ、タイム)が提唱されています。顔や腕の麻痺、言葉の異変があれば、発生時刻を確認して一刻も早く救急受診すること。それは、強くみなさんにお伝えしたい。ぜひ、覚えておいてください。

▽おおはし・みほ 1978年、兵庫県生まれ。2002年にテレビ東京に入社し、アナウンサーとして、スポーツ、バラエティー、情報番組などで活躍する。12年には早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士を取得した。13年に脳梗塞を発症し、約8カ月の休養を経て復職。17年末に同テレビ局を退社、18年からフリーとして始動した。

5 / 5 ページ

関連記事