愉快な“病人”たち

2度も生かされて…空間デザイナー黒田朋子さん闘病を独白

黒田朋子さん(C)日刊ゲンダイ

 風邪をひいたかな? と思って、近所の耳鼻科を受診しました。処方薬でいったんは軽快したものの、喉の腫れや微熱が引かず再受診。「何か他の病気の可能性があるかもしれない」と言われ、大きな病院で検査したところ、診断は「急性骨髄性白血病」でした。

 即入院となり、およそ500日の入院生活が始まりました。2011年5月、結婚2年目の32歳のことです。先生からは「あと数日遅かったら命を落としていたかもしれない。最低でも1年は入院して治療になります」と告げられました。

 ただ、自覚症状もほとんどなかったので、周りで起こっていることすべてが半信半疑でした。

 病気や治療の説明を受けて同意書にサインし、すぐに1クール目の抗がん剤治療が無菌室で開始されました。「治るのか、生きられるのか」を調べ始めると、同時に抗がん剤の副作用で「不妊」になることも知りました。先生に確認してみると、「不妊は同意書にありましたよね。生きられるからいいじゃないですか」と言われたのです。その言葉は、闘病に向かおうとする私を突き放し、愕然とさせました。

1 / 4 ページ

関連記事