がんと向き合い生きていく

ネット社会で納得した治療を受けるためには信じて任せる

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 すると、A医師からこう言われました。

「あなたが全て納得して治療を受けることも大事ですが、薬の量などは経験の豊富なH医師に任せなさい。シロウトがネットで資料を集めてどれを信じるのですか。ネットを見るのはやめなさい。あなたが混乱するだけです。友人の精神科のB教授も、ご自分が抗がん剤を受ける時、量などは全て主治医に任せました。あなたはH医師を信頼しているのでしょう?」

 現代社会では、患者がただ「お任せします」と言うのではなく、患者が全てを知り、理解し、納得して治療を受ける――これを真のインフォームドコンセントとしています。医師は懸命に説明し、医学のシロウトである患者はたくさんのことを知らされ、必死に理解しようとします。治療にあたってこれを繰り返すのですが、本当に患者は全てを理解し、納得できて治療を受けているのか。信頼という要素で納得している場合も多々あるのが現状といえます。

 ネット社会のがん治療には、考えるべきことがまだたくさんあります。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事