Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

私自身がんになって<4>膀胱がん再発を抑えるBCGはやらない

「pTa」だったが…(提供写真)

 ショックだったのは、膀胱がんの病理診断の報告書を見たときです。がんの深達度は、もっとも浅い「pTa」タイプでホッとしましたが、がん細胞の悪性度は1~3の真ん中の2。しかも、2の中でもハイグレード、つまり、「かなり悪性度が高く、タチの悪い」タイプだったのです。漠然と「1ならよいなあ」と思っていましたから、ハイグレードと分かったときはかなりショックでした。

 がんは、臓器の最も表面の上皮から発生して、外側に向かって広がっていきます。私は、「表在性がん」で、内視鏡切除ができたことは不幸中の幸いです。

 それでも、膀胱がんは、再発しやすいがんの代表といえます。私のようにハイグレードだと1年以内の再発率は24%、5年以内では46%に上ります。今後は長期間、定期的なフォローアップの受診が欠かせません。数カ月に1度、尿道から内視鏡を通して調べる膀胱内視鏡検査を受けなければならないと思うと、正直、気が重くなります。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事