生活と健康 数字は語る

家庭用血圧計は3000万台売れたが…自宅で測らない選択肢も

(C)日刊ゲンダイ

 家庭用血圧計は日本でも3000万台以上売れているというデータがあります。1人で何台も買っている人もいますから、普及率がどれくらいかは不明ですが、何十%というレベルには達しているのではないでしょうか。

 私自身がどうかというと、家庭用血圧計は持っていません。血圧を測ったのはこの1年で1回だけです。その1回も自ら測ったわけではなく、私が目の結膜に出血して真っ赤な目をしていた時に、心配した看護師が無理やり測ってくれたという状況です。その前に測ったのは、さらにその2年前くらいに、親知らずの抜歯の際に歯科で血圧を測ってもらったくらいです。

 それに反して、自分自身の外来に通っている高血圧の患者の7~8割は毎日自宅で血圧を測って手帳に記録して、毎回持ってくるという人たちです。

 もちろんそのデータによって薬の調整をしているわけで、クリニックでしか血圧を測らない人は困った患者さんという位置づけだったりします。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事