家計簿を見れば病気がわかる

金持ちが年間で使う「マッサージ代」は貧乏人の43倍

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 保健医療分野への支出は、所得が多い家庭ほど増える傾向があります。所得200万円未満の世帯では7万1000円、対して1500万円以上の世帯では約25万円です。しかし、医療費や歯科医療費については、所得格差ほどの開きはありません。では一体、高所得家庭は何にお金を使っているのでしょうか。

 そこで家計調査の細目を調べてみると、3つの項目が浮かび上がってきました。「サプリメント」「診療以外(健康保険外)のマッサージ」「その他の保健医療サービス(人間ドックなど)」の3つです。年収200万円未満の家庭と1500万円以上の家庭と比べると、「サプリ」が4.3倍、「その他の保健医療サービス」は4・7倍、「マッサージ」にいたっては、なんと約43倍もの開きがあります。高所得者ほど、健康維持にお金を使っているのです。

 しかし問題は、使った金額が本当に健康や寿命に役立っているかどうかです。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。