がんと向き合い生きていく

多発性骨髄腫には治療をせずに経過観察で済むタイプがある

佐々木常夫氏(C)日刊ゲンダイ

 印鑑販売業のYさん(60歳・女性)は、健診で「貧血があるので医療機関を受診するように」と指示されました。しかし、昨年も同様の指摘をされながらとくに大きな問題はなかったため、放置していました。

 ところが、半年ほどたってから腰痛が表れ、立ち上がる時にいよいよつらくなってきたため、近所の整形外科を受診しました。すると、そこで「これは血液の病気」と告げられ、私が勤務する病院に紹介されてきたのです。

 血液検査の結果、貧血、総タンパクの増加、血清免疫グロブリンの異常タンパク(Mタンパク)を認めて「多発性骨髄腫」の診断となり、入院して精査することになりました。骨髄穿刺検査では、血液をつくる細胞が減り、形質細胞(骨髄腫細胞)が約50%を占めていました。

 全身の骨X線写真では、頭蓋骨、大腿骨に径3センチほどの丸い溶骨病変(パンチドアウト)を認め、他の骨にも多数、同様に大小の溶骨した所見がありました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事