愉快な“病人”たち

美容家・岸紅子さん チョコレート嚢胞を患い生き方見直す

「病気は生き方を変えるチャンスだった」と岸紅子さん/(C)日刊ゲンダイ

 特にデリケートゾーンの吸収率は、腕や脚の皮膚の何十倍も高いそうです。オーガニックコットンでできた布製の生理用品を使うだけで、生理痛が変わるともいわれています。もちろん、実践するしないは自由ですが、知っていて決して損はない情報ですよね。

 今の女性たちにそういうことをもっと知ってほしい。その思いが今の仕事につながりました。私にとって、病気は生き方を変えるチャンスだったのだと思います。

▽きし・べにこ NPO法人「日本ホリスティックビューティ協会」代表理事。自らの病を克服した経験を経てNPO法人を設立。2010年から「ホリスティックビューティ検定」を開始。「温活」「菌活」「腸活」といったセルフケアの考え方を普及。オーガニック&ウエルビーイングのムーブメントを牽引している。

5 / 5 ページ

関連記事