がんと向き合い生きていく

がん治療後に胃ろうを作ったことで仕事で活躍できるように

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 先日、医師たちのある会合が開かれ、某老人病院に勤務する医師が、こんな挨拶をされました。

「私は老人病院で、毎月4、5人をみとります。ほとんどが老衰か嚥下性肺炎です。胃ろうは一切、作っていません。人工呼吸器などの延命処置も行っていません」

 私はこの挨拶を聞いて元開業医のFさん(78歳・男性)のことを思い出しました。Fさんは5年前に喉頭がんを発病し、喉頭を温存した手術、放射線治療、化学療法を受けました。その後、がんは頚部に2度再発しましたが、小規模な手術で切除できました。

 しかし、それからFさんは「食事をするとむせる」ことに悩まされます。食べ物が気管に入って誤嚥性肺炎を起こし、そのたびに緊急入院して抗生剤の投与を受け、危機を脱するという状態が続いたのです。最近は飲み込みに気を使うあまり食事量が減り、げっそりと痩せてしまったそうです。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事