がんと向き合い生きていく

「安楽死」を希望する患者が診察して30分後には笑顔を…

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 スーパーでレジ係を担当しているMさん(58歳・女性)は、初診の方でした。診察室に入って私の顔を見るなり、「安楽死させて下さい。どうしたら楽に死ねるでしょうか?」と言われるのです。

 とっさに私は「え!? 安楽死なんてできませんよ」と答えようかと思いましたが、まずはどんな病気で、これまでどうされたのかを聞いてみました。すると、Mさんはこんなお話をしてくれました。

「実は私、膵臓がんなのです。1カ月前、肝臓に転移がきて再発したと言われ、抗がん剤治療を1回だけ受けたのですが、吐き気などの副作用が強くて続けられないと思って治療を断りました。そうしたら、担当の先生が『これまでずっと頑張ってきたから、あなたがそう思うならやめていいですよ』と言ったのです。もう手だてはありません。私はこの近くに住んでいます。どうか、苦しまずに最期を迎えたいのです。今のところ、どこにも痛みはありませんし、体は元気です。ここで診ていただけますか?」

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事