愉快な“病人”たち

重病説まで流れて…たかまつななさんが語る虫垂炎性腹膜炎

たかまつななさん(C)日刊ゲンダイ

 複雑そうな病名ですが、盲腸の手術後に何らかの原因でお腹の中が炎症を起こして膿がたまってしまった――という病気です。一度退院して3日後には再入院したので、何だかんだで約1カ月間、病院で過ごしました。始まりは今年6月初旬、寒けのあとに腹痛が起こりました。グッとねじられるような痛みになってきた時、救急車を呼ぶべきかどうか相談できる電話番号(♯7119)にかけてみたのですが、つながらなかったので、タクシーを探そうと外に出て歩くことにしたんです。

 ただ、すでに歩くたび吐き気がする状態で、いよいよ草の茂みで吐こうとしゃがんだら、痛みでもう立ち上がれない状態になってしまいました。再び♯7119に電話するとめでたくつながり、「救急車を呼んだ方がいい」となって病院に……。ここまでがほんの1時間ほどの出来事です。

 病院に着いてからはあまり覚えていませんけれど、CTだの血液検査だのいろいろやりました。熱は39度に達していて、医師の話では「盲腸の可能性はあるけど、お腹はキレイなのでよくわからない」とのこと。まずは抗生物質で炎症を緩和する治療をして、しばらく様子見でした。

1 / 5 ページ

関連記事