愉快な“病人”たち

武東由美さんは出血性膀胱炎から腎臓の“異常”が見つかった

ミセスモデルの武東由美さん(C)日刊ゲンダイ

 ある日、何の前触れもなく、いつものようにトイレに行ったら、尿がロゼワインのようなピンク色だったのです。びっくりしてかかりつけのクリニックを受診したら「出血性膀胱炎」と診断されました。それが2017年の夏のことです。

 疲れていたとか、お腹が痛かったとか、そういう兆候は一切ありません。その時の出血性膀胱炎は、お薬を服用して2週間ほどで治りました。ところが、それがその後に「膀胱がんや腎臓がんの疑い」という事態に発展したのです。

 初めての血尿から1カ月後、年1回の子宮がんの検診を受けに神戸の病院に行った時のことでした。実は今から12年前、大阪に住んでいた頃に、「子宮頚がんの危険度4」と言われたことがありまして、神戸の病院で検査を受けたのです。結論から申し上げれば何でもなかったのですが、それ以来、年に1回、検診に通っています。

 17年の検診の日にまた血尿が出てしまい、そこで先生に「先月、出血性膀胱炎と言われて治療したのに、また血尿です」と相談してみたのです。すると「毎月はおかしいから大きな病院で検査を」と言われまして、とりあえず東京に戻って普段から通っているクリニックで相談しました。

1 / 6 ページ

関連記事