ゲノムが世界を変える

ビル・ゲイツが推進 遺伝子ドライブで有害生物を皆殺し?

(C)PIXTA

 マイクロソフトのビル・ゲイツが推進している「ターゲットマラリア計画」をご存じでしょうか。マラリアは蚊が媒介する熱帯病のひとつ。毎年、数千万人が感染し、数十万人が亡くなっています。治療薬はありますが、ワクチンはなく、蚊に刺されないことが最も有効な対策です。しかし、この計画では、蚊そのものを地上から抹殺しようとしているのです。

 それには「遺伝子ドライブ」という聞きなれない方法が使われる予定です。これもゲノム編集の応用のひとつです。

 まず蚊の遺伝子を操作し、子供がすべて雄になるように改良を加えます。これを自然界に放すと、野生の蚊と交配して雄の蚊ばかりが生まれます。しかし、代を重ねるごとに人工の遺伝子が薄まっていき、やがて効果がなくなってしまいます。

 そこでさらに、交配相手の染色体に、雄遺伝子を自動的に組み込むための分子ツール一式(CRISPR配列、Cas9酵素の遺伝子、ガイドRNAをつくるための遺伝子)を搭載するのです。すると、受精卵の中でクリスパーが作動し、野生の親から引き継いだ染色体にも、自動的に雄遺伝子を挿入してしまいます。これにより、代を重ねるごとに雄がより多く生まれて雌が減っていくため、数年もすればその地域の蚊が絶滅する、というシナリオです。これが遺伝子ドライブです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事