中高年の意外な死因

室内も危ない…自宅での凍死者は74人で低体温症は116人も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 冬が近づいてきました。「猛暑の年は厳寒になりやすい」と言われますが、今年はどうでしょうか。もし例年並みに寒かったら、気をつけなければいけないのが「凍死」です。

「嘘ばっかり」と思うかもしれません。山岳遭難ならいざ知らず、日常生活で凍死なんて、めったになさそうです。しかし凍死は、熱中症よりもずっと危険なのです。

 2016年の統計によれば、40~64歳の中高年男性で凍死した人は157人でした。死因分類上は「自然の過度の低温への暴露」という項目になっています。それと対になっているのが「自然の過度の高温への暴露(78人)」で、こちらが「熱中症」による死亡に相当します。凍死者のほうが2倍も多いわけです。

 寒い環境に数時間もさらされていると、次第に体温が奪われていきます。人間の体温は36度から37度近辺。それが35度を下回ると、筋肉がこわばり、刺激に対する反応が鈍ってきます。さらに下がれば思考力や判断力が失われ、30度を切ると昏睡に陥って、死の淵から戻ってこられなくなるのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事