愉快な“病人”たち

胃の5分の4を摘出 アントニオ古賀さんはがんが心の転機に

「がんになって初めて痛みを知った」とアントニオ古賀さん/(C)日刊ゲンダイ

 ただ、その前に「手術できません」と言われた経緯もあったんです。遺伝の持病である「糖尿病」がかなり悪化していたからです。「このまま手術をしても血が止まらず傷がふさがらない状態」と言われました。そこで10日間は毎日インスリンを打って、病院の周囲を歩き回り、血糖値を下げてから手術となりました。

 それも含めて入院は20日間。手術の翌日から歩かされたことはつらかったですが、それ以外は問題なく、病院食もおいしくいただきました。というか、ちゃんと食べて早く退院しないと本当においしいものにありつけないじゃないですか(笑い)。

■「ケセラセラ」は相変わらず

 物事は悪く考えるとそれに引っ張られるもの。私は、病気はストレスが引き起こすと思ってますから「よく食べ、よく寝て、よく笑い、よく歌う」を実践してきました。

2 / 5 ページ

関連記事